リネンで作る、つるし飾り

願いを込めた、かわいい縁起物

著者: 堀川波

定価(税込)1,430円

発売日2018年12月07日

ISBN978-4-416-71837-7

内容

つるし飾りは、さまざまな飾りものに願いを込め、端切れを縫って綿を詰めてひな段の両脇につるしたものが原点といわれています。

くくり猿は「厄が去る」、桃は魔除けの象徴、三角は薬袋をかたどったもので病気にならないように…etc.
それぞれに意味を持つ、つるし飾りのモチーフの作り方をご紹介。

お子様、お孫さまへの贈り物としてはもちろんのこと、還暦のお祝いとしても喜ばれます。
絹やちりめんを使ったカラフルなものが一般的ですが、昔から赤い色には魔除けの力があるといわれており、また麻(リネン)はまっすぐにぐんぐん伸びるので、健やかな成長への願いも込めています。

そのまま切りとって使える実物大型紙つきです。

著者紹介

堀川 波(ホリカワ ナミ)

イラストレーター、絵本作家。大阪芸術大学グラフィックデザインコース卒業。おもちゃメーカーの企画開発を経てフリーに。本の執筆、イラスト、エッセイのほかに布小物の制作、デザインも手がける。『リネンで作る、つるし飾り』(誠文堂新光社)、『色を楽しむ 大人のおしゃれ』(マイナビ出版)、『45歳からの自分を大事にする暮らし』(エクスナレッジ)など著書多数。

商品名 リネンで作る、つるし飾り

商品名(カナ) リネンデツクル ツルシカザリ

著者 堀川波

判型 AB

ページ数 96

第一章 桃の節句のつるし飾り
第二章 つるし飾りの歳時記
巻末 そのまま切り取って使える実物大型紙

お詫びと訂正

関連情報