極限の世界にすむ生き物たち

一番すごいのは誰? 極寒、乾燥、高圧を生き抜く驚きの能力!

監修: 長沼 毅

定価(税込)2,420円

発売日2015年12月01日

ISBN978-4-416-11521-3

内容

氷に埋めつくされ、冬には-50℃にもなる極寒の南極・北極、地上よりも酸素が薄く、そこへたどりつくのも難しい高山、雨があまり降らず、植物すらほとんど生えない砂漠地帯、水圧が高く、水温が400℃を超える深海の熱水噴出孔、高酸性・高アルカリ性の環境、放射線の高い環境、といった過酷な環境を生き抜いている多くの生き物がいます。
彼らは、人間がすむことのできないような極限環境でも、独自の進化をとげ、それぞれに適応した生活を送っています。
本書では、そんな生き物たちの驚きの生態や体のつくりの秘密に迫ります。

著者紹介

長沼 毅(ナガヌマ タケシ)

広島大学大学院生物圏科学研究科教授。1961年、人類初の宇宙飛行の日に生まれる。1989年、筑波大学大学院生物科学研究科博士課程修了。理学博士。海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、現職。生物学者。深海、地底、北極、南極、砂漠など、世界の極限環境に生きる生物を研究している。専門分野は、深海生物学、微生物生態学、系統地理学。「科学界のインディ・ジョーンズ」と呼ばれ、テレビ出演や著書も多数。

商品名 極限の世界にすむ生き物たち

商品名(カナ) キョクゲンノセカイニスムイキモノタチ

シリーズ名 子供の科学★サイエンスブックス

監修 長沼 毅

判型 [ 縦 : 230mm ] [ 横 : 182mm ]

ページ数 96

お詫びと訂正