Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

近刊

基本 電気・電子回路

直感でマスター! アナログ・デジタル エレクトロニクスの基礎

著者: 藤田 泰弘

定価(税込)2,970円

発売日2022年02月03日

ISBN978-4-416-52269-1

エレクトロニクスの基本を直感的に理解できるように、図式を多用してわかりやすく解説した入門書。

内容

半導体素子、IC回路、電気・電子回路、アナログ・デジタル回路の基礎を網羅し、図式を多用し簡潔に解説。著者が開発現場での研修や講義で使用したテキストをもとに、工学系学生や若手エンジニアにも理解しやすいようにまとめた実践書。

著者紹介

藤田 泰弘(フジタ ヤスヒロ)

1960年、京都大学工学部電子工学科卒業。松下電器産業(株)に入社し、TV用半導体素子の応用開発を経てTV、VTR、ビデオカメラなど映像用IC設計開発を行う。その後、社内技術者教育に携わり、半導体回路研修などのテキスト作成、研修のCD‐ROM版の開発に従事。同社定年退社後、同志社大学非常勤講師。IEEE Life Member電子情報通信学会会員。
著書(共著)に、『半導体回路設計技術』『ディジタル信号処理技術』『アナログ信号処理技術』(日経BP)、『知識資産の再構築』(日刊工業新聞社)など。

商品名 基本 電気・電子回路

商品名(カナ) キホン デンキ デンシカイロ

著者名 藤田 泰弘

判型 A5

ページ数 248

第1部 基本事項
アナログとデジタル、たたみ込み加算、電荷と電流、コンデンサの性質、ポアソンの式、コイルの性質、オームの法則と図式表現、電流と電圧の法則

第2部 基本電気回路
RCおよびLR回路の放電と充電過程、複素数の性質、 交流信号の性質、整流回路、RC回路の正弦波信号に対する出力、RC回路の複素正弦波信号に対する出力、複素インピーダンス、 RLC共振回路

第3部 半導体素子
半導体の性質、ダイオードの性質、バイポーラトランジスタの性質、MOS構造とMOSソース構造、MOSトランジスタ

第4部 アナログ回路
バイポーラ回路の基本、MOS回路の基本、カレントミラー、差動増幅回路、オペアンプ

第5部 デジタル回路
インバータ回路、NAND回路と基本論理回路、論理回路の構成、順序回路

お詫びと訂正

Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報