Book

料理

増補改訂 イギリス菓子図鑑 お菓子の由来と作り方

伝統からモダンまで、知っておきたい英国菓子135選

著者: 羽根則子

定価(税込)2,970円

発売日2019年05月07日

ISBN978-4-416-61971-1

内容

伝統からモダン、地方から家庭まで135種類を網羅した、イギリス菓子の決定版!

2015年3月発刊の『イギリス菓子図鑑』は、ビスケットやスコーンなど、日本でもなじみのあるものをはじめ、郷土菓子や伝統菓子、はたまた近年一大産業とまでなったフェアリー・ケーキ(カップケーキ)まで、104種のイギリスで親しまれている菓子について、その由来や背景にあるストーリーをレシピとともに紹介した1冊。

実際に作ってみたい方のためにレシピも併記しました。
今回新たに30種類以上を加え、より多くのイギリス菓子について案内するのが、本書『増補改訂 イギリス菓子図鑑 お菓子の由来と作り方』です。

シュガークラフトやフードイベント、プディングの定義、フリー食品といったイギリスならではの菓子にまつわるエピソード、フランスやアメリカなど、ほかの国の菓子との関連についても言及し、イギリス菓子をテーマとした読み物としても楽しめます。

英国菓子文化を網羅したこの1冊は、イギリスや食に興味のある方も深く頷ける、イギリス菓子本の決定版です。

著者紹介

羽根 則子(ハネ ノリコ)

イギリスの食研究家&フードダイレクター/編集者/ライター。
出版編集プロダクション、広告制作会社勤務を経て、2000年渡英。2007年英国クッカリーコース修了。
菓子をはじめ、ワインや料理、フードビジネスなど、伝統から最新のフードシーンまで、イギリスの食事情に精通しており、
企画、監修、寄稿、講座・イベント講師を務める。
イギリスのみならず、食全般の企画・ダイレクションも行い、『ドイツパン大全』『グラス・スイート・バリエーション』(ともに誠文堂新光社刊)など
手がけた書籍多数、雑誌やウェブへの企画提案、監修、寄稿も行う。

商品名 増補改訂 イギリス菓子図鑑 お菓子の由来と作り方

商品名(カナ) ゾウホカイテイ イギリスカシズカン オカシノユライトツクリカタ

著者名 羽根則子

判型 A5変形(210mm×152mm)

ページ数 304

■目次抜粋
はじめに

A(アップル・シャーロット、アップル・パイ)
B(ベイクウェル・タルト、バノック、バノフィー・パイ、バラ・ブリス、バッテンバーグ・ケーキ、ビスケット、ブラマンジェ、バーント・クリーム)
C(キャロット・ケーキ、チェルシー・バンズ、チョコレート・ケーキ、クリスマス・プディング、クランブル)
D(デヴォンシャー・スプリット)
E(エクルズ・ケーキ、イングリッシュ・マドレーヌ、イートン・メス)
F(フェアリー・ケーキ、フラップジャック、フール)
G(ジンジャーブレッド)
H(へヴァ・ケーキ、ホット・クロス・バン)
I(アイスクリーム)
J(ジャム・タルト、ジャンブル)
K(ニッカーボッカー・グローリー)
L(レモン・ドリズル・ケーキ、レモン・メレンゲ・パイ、レモン・ポセット)
M(マデイラ・ケーキ、メイズ・オブ・オナー、ミンス・パイ)
O(オートケーキ)
P(パンケーキ、パーキン、パヴロヴァ、プァ・ナイツ・オブ・ウィンザー)
Q(クイーン・オブ・プディングス)、R(ライス・プディング、ローリーポーリー)
S(サリー・ラン、スコーン、シード・ケーキ、ショートブレッド、サマー・プディング、サセックス・ポンド・プディング、シラバブ)
T(ティー・ケーキ、トライフル、ターキッシュ・ディライト)
V(ヴィクトリア・サンドイッチ・ケーキ)
W(ウェルシュ・ケーキ)
Y(ヨークシャー ・カード・タルト) ほか全135種

基本の生地3 種
基本のクリーム2 種
道具について
材料について
イギリス菓子ストーリー
column

お詫びと訂正

Book

料理

関連情報