Book

料理
Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

ウィーン菓子図鑑 お菓子の由来と作り方

伝統からモダンまで、知っておきたい菓子80選とカフェ文化

著者: 小菅 陽子

定価(税込)2,970円

発売日2022年10月12日

ISBN978-4-416-52246-2

カフェ文化の聖地に伝わる伝統菓子を興味深いコラムとともにご紹介します。

内容

ヨーロッパの歴史を映す、華麗なウィーン菓子の世界

 

世界の菓子図鑑シリーズ、第6弾「ウィーン菓子」。今田美奈子氏のアシスタントを経て、現地ウィーンのザンクトペルテン製菓学校で伝統菓子を習得した料理研究家、コンベルサッシオンの小菅陽子によるレシピ集です。ヨーロッパのルネッサンス時代から発展し、ハプスブルク家の華やかな宮廷文化と切っても切り離せない、ウィーン菓子。その歴史、由来などのエピソード、また本場のカフェ文化の紹介など、読み応えもたっぷり。レストランやカフェで楽しむデザートから家庭的なお菓子まで、ウィーン菓子を網羅しており、レシピもできるだけ家庭で作りやすいよう工夫されています。本場直伝のお菓子作りを楽しみながら、そのストーリーも味わうことができる「おいしい一冊」です。

著者紹介

小菅 陽子(コスゲ ヨウコ)

料理、菓子研究家。国際食卓芸術アカデミー協会会員、女子栄養大学生涯学習講師、アンチエイジング医療協会理事、日本海藻協会会員。女子栄養短期大学卒業後、今田美奈子先生のアシスタント(1期生)を経て、スイス・リッチモンド製菓学校、ウィーン・ザンクトペルテン製菓学校で伝統菓子を習得。フランス料理・テーブルアートをパリにてマリー・ブランシュ・ドゥ・ブルイユ先生に師事。クッキングスタジオ「コンベルサッシオン」主宰。教室、講習会はじめ、NHK「きょうの料理」、他テレビ出演。料理レシピ本多数出版。無類のお茶好きで、ライフワークはティーロードを訪ねて、アジアからイギリスまでお茶とお菓子を探ること。

商品名 ウィーン菓子図鑑 お菓子の由来と作り方

商品名(カナ) ウィーンカシズカン オカシノユライトツクリカタ

著者名 小菅 陽子

判型 A5変形(縦210mm×横152mm)

ページ数 224

Part1
Kuchen, Torten und Schnitten クーヘン、トルテ、シュニッテン
ドボシュトルテ/リンツァートルテ/マラコフトルテ/ザッハートルテ/トップフェントルテ/エルトベア ザーネクレーム トルテ/エンガディナ ヌストルテ/シュヴァルツヴェルダー キルシュトルテ/ロートリンゲン トラウベントルテ…ほか

Part2
Dessert 温かいデザート、冷たいデザート
モール イム ヘムト/アプフェルシュトゥルーデル/ミルヒラームシュトゥルーデル/カイザーシュマーレン/ザルツブルガー ノッケル/フンカキューヒレ/シェーンブルーナー パラチンケン/アプフェル パラチンケン/インディアーナ…ほか

Part3
Fermentierte Süßigkeiten 発酵菓子とパイ
モーンシュトゥルーデル/ビュルガーマイスター/ブフテルン/ヌスボイゲル/ファッシングスクラプフェン/ダンプフヌーデルン/ゲリュールター グーゲルフップフ/グーゲルフップフ/クランツクーヘン/サバラン(アナナス ア ラ メッテルニヒ) …ほか

Part4
Teegebäck und Weihnachtsplätzchen テーゲベックとクリスマス菓子
バニレシャイベン/マンデルブロート/シュネーバレン/メリンゲン/ココマクローネン/フロレンティーナ シュニッテン/リンツァー キッフェル/ウィーンのクリスマスを 祝うお菓子(レープクーヘン/リンツァー アウゲン/バニレキプフェル/ツィムトシュテルネ…ほか)

基本の生地の作り方
お気に入りテーブルウェア
私的ウィーン カフェ案内
ウィーン菓子らしさを生み出す材料
ウィーン菓子の形状について
クリーム、ソース、メレンゲについて
オーストリアの祝日と行事

お詫びと訂正

Book

料理
Facebookでシェア Twitterでシェア Lineに送る メールで送る

関連情報