野菜と果物のキャンドル

シンプルな材料でリアルな表現

著者: 兼島麻里

定価(税込)1,980円

発売日2019年09月04日

ISBN978-4-416-71904-6

内容

主な材料は手に入りやすいパラフィンワックス。それなのにリアルで本格的な仕上がりのコツを紹介します。

インテリアにもしっくりとなじむ、野菜と果物そっくりのキャンドルのレシピ集。そこに置いてあるだけでおしゃれなのはもちろん、火を灯した姿や、溶けかけた姿までが美しいのが特徴です。ちょっとハードルが高いシリコンや石膏などの型取りのプロセスはなく、粘土遊びのように手ごねでできるので、初心者にも挑戦しやすい作品ばかりです。

リアルに見える着色の仕方や、質感の出し方、ディテールの作り方まで、オール写真プロセスで解説します。

著者紹介

兼島 麻里(かねしま・まり)

Ballare(バラレ)主宰。独学でキャンドル作りを学び、商品販売やカルチャースクールの講師を経て、現在は自宅にアトリエを構え、キャンドル教室を開催。個展やワークショップ、他業種とのコラボレーションイベントなどを行う。tomosキャンドルクラフトコンテスト2018 キャンドルクラフト優秀賞、特別賞(人気投票1位)受賞。

ここだけの話

キャンドル作りに初めて挑戦しました!

本物と見まごうばかりのリアルなキャンドルですが、それだけに難しそう…と思ってしまいますよね。

私、担当編集者ももちろんその一人だったわけですが、実態を知らねば本は作れぬ!ということで、初めてのキャンドル作りにトライしました。

 

著者の兼島麻里さんに横についていただき、説明を受けながら、基本的には全部自分で作業しましたよ! それがこの写真です。作業時間は約2時間。

 

 

じゃん。ツヤツヤ~。感動~。家に持って帰ったら、小学生の娘がさっそく反応し、自分も作りたいと大騒ぎでした。ヒーターの扱いに気をつけて大人がついていれば、作業は粘土遊びの延長みたいなものなので、子供にもできそうです。夏休みの自由工作にもキャンドル作りは人気だそうなので、ぴったりですね。

 

スイーツや動物など、何かをかたどったキャンドルは、燃やして溶けるとなんだか悲しい姿になったりもしますが、ここで紹介する作品は溶ける姿もいい感じです。りんごなんて、まるで焼きりんごのようになって、なんだかおいしそう。キャンドルの炎って本当に癒されるし、いろいろな楽しみがあるキャンドル作り、ぜひ試してみてください。

商品名 野菜と果物のキャンドル

商品名(カナ) ヤサイトクダモノノキャンドル

著者名 兼島麻里

判型 B5変形(縦230mm×横182mm)

ページ数 96

・林檎
・洋梨
・無花果
・ブルーベリー
・ミニトマト
・アボカド
・ビーツ
・南瓜
・栗
・柿
・デコポン
・桃
・カリフラワー
・パプリカ
・レモン
・ライチ
・マンゴー
・スターフルーツ
・蓮根
・椎茸

作り始める前に キャンドル作りの基本
・ワックス
・芯と座金
・顔料
・道具
・キャンドル作りの環境

How to make
Column

お詫びと訂正

関連情報