Book

料理

近刊

ティードリンクの発想と組み立て

ベースとなる茶葉、具材、シロップ、トッピングの組み合わせから、淹れ方、演出法まで

著者: 片倉 康博 / 著者: 田中 美奈子

定価(税込)2,860円

発売日2020年07月20日

ISBN978-4-416-62019-9

ティーと食材の組み合わせの理論をもとに、ドリンク作りのコツとヒントを紹介。

著者紹介

片倉 康博(カタクラ ヤスヒロ)

バーテンダー時代にQSC、対面サービス、カクテルの様々なドリンク知識とバランスの取り方、TPOの重要性などを学び、その経験をカフェ業界へ繋げ、独自の理論によるエスプレッソ抽出技術を広める。
ホテル、レストラン、カフェ、パティスリーの顧問バリスタ、調理師・製菓専門学校の特別講師として活動。
海外からの依頼も多く、上海、北京、天津でも特別講師を務める。
また、飲食店プロデュース、店舗立ち上げや立て直し、スタッフ教育、ドリンクケータリング、コンサルタント、営業代行、商品開発も手がける。

田中 美奈子(タナカ ミナコ)

料理家、カフェディレクター。
DEAN&DELUCAカフェマネージャー、ドリンクメニュー開発後に独立。
カフェレストランオーナーシェフとバリスタを経て、カフェ店舗商品開発やコンサルティング、フードコーディネートなどを手がける。
オーダーメイドケータリングやデリバリーは、旬の野菜を中心とした料理が好評。

書名 ティードリンクの発想と組み立て

書名(カナ) ティードリンクノハッソウトクミタテ

著者 片倉 康博

著者 田中 美奈子

判型 B5変(縦247mm×横185mm)

ページ数 208

ホテル、レストラン、カフェ、パティスリーの顧問バリスタ、調理師・製菓専門学校の特別講師として活躍する著者による、ティードリンクをテーマにした発想と組み立てシリーズの1冊。

 

今、コーヒーをアレンジした甘いコーヒーフレーバードリンクに代わり、お茶をベースにしたデザート感覚で飲めるティードリンクが人気を集めています。
その代表であるタピオカミルクティーや、ほうじ茶ラテ、ジャスミンミルクティなどは定番ですが、そのほかにも、さまざまなティーをベースに食材やトッピングを組み合わせたティードリンクが登場しています。

 

本書では、ティードリンクの発想の方法をセオリーにもとづいて解説しながら、オリジナルドリンク作りのアイデアを紹介します。
ティードリンクのおもな構成要素は、中国茶、紅茶、日本茶、フレーバーティーなどのベースとなる「ティー」と、フルーツや牛乳などの「食材」、フルーツやスパイスを使った「ソース・シロップ」、ホイップクリーム、タピオカ、ゼリー、ナタデココ、杏仁豆腐などの「トッピング」の4つ。
オリジナルドリンク作りの鍵となるこれら4つの要素の組み合わせ方を、味と香り、食感などの面から理論的に解説。
セオリーを知り、応用させることで、味わい、見た目ともにオリジナリティあふれるドリンクのアイデアが無限に広がります。

 

ベースとなるティーを含め、ドリンクのレシピは100点以上を掲載。
ベースのティーの淹れ方をはじめ、ソースやトッピングのレシピも多数紹介。
また「SNS映え」する演出テクニックも披露します。
台湾や中国での最新ドリンク事情や、日本でのドリンクスタンド開業ノウハウや、ドリンクに季節感を盛り込むアイデアを紹介したコラムも充実。

 

ティーをベースにしたドリンクを商品として販売したいカフェやレストラン経営者、企業の商品開発担当から、イベントやパーティーでドリンクを作る機会の多いフードコーディネーターやプロデューサー、また自宅でドリンクを楽しみたい一般消費者まで、オリジナルティードリンクを作りたいと考える人すべてに向けたコツとヒントをまとめた1冊です。

お詫びと訂正

Book

料理