かわいい背守り刺繍

子どもを守るおまじない

著者: 堀川波

定価(税込)1,540円

発売日2019年04月04日

ISBN978-4-416-51998-1

内容

子どもが無事に育ちますように…。親の願いがこもった魔除けの印。

「七歳までは神のうち」といわれていたことからもわかるように、乳児死亡率の高かった昔は疫病や事故などであっさりと命を落とし、七歳まで生きられることがまれなことでした。
そのため、親たちは子どものすこやかな成長を願い、着物の背中に縫い取りをしたのです。
子どもに害をなす魔物は背中からやってくるといわれていました。背中心に縫い目がある大人の着物と違い、一つ身で作る子供の着物は背中に縫い目がないため魔物に狙われやすいと信じられていたのです。

この本では、麻の葉や菱形、コマなどの伝統的な図案に加え、Tシャツやバッグなどの小物に刺してもかわいいオリジナル図案を、堀川波さんのイラストとともにご紹介します。

全75図案。

著者紹介

堀川 波(ホリカワ ナミ)

イラストレーター、絵本作家。
大阪芸術大学グラフィックデザインコース卒業。おもちゃメーカーの企画開発を経てフリーに。
本の執筆、イラスト、エッセイのほかに布小物の制作、デザインも手がける。
『リネンで作る、つるし飾り』(誠文堂新光社)、『色を楽しむ 大人のおしゃれ』(マイナビ出版)、
『45歳からの自分を大事にする暮らし』(エクスナレッジ)など著書多数。

商品名 かわいい背守り刺繍

商品名(カナ) カワイイセマモリシシュウ

著者 堀川波

判型 A5

ページ数 80

■目次抜粋
第一章 ずっと変わらない親の思い 伝承柄
麻の葉、独楽、帆掛け船、兎、千鳥、紫陽花など

第二章 おなじみの図形から発想して… 点結びの柄
三角形、六角形など

第三章 自由に、かわいらしく 手描きの絵柄
リボン、ハート、いちご、兜、手裏剣、紙飛行機、富士山など

第四章 ちくちく、楽しく 背守り刺繍をしましょう
下準備、基本の縫いかた、きれいに仕上げるコツなど

図案集

お詫びと訂正

関連情報