Book

料理

フランス流気取らないおもてなし アペリティフ

パーティーがぐっと盛り上がるフード&ドリンク115品

著者: 吉田菊次郎 / 著者: 村松周

定価(税込)1,980円

発売日2017年05月12日

ISBN978-4-416-51787-1

内容

アペリティフとは、飲み物とおつまみで友人たちとおしゃべりを楽しむこと。
美食家で暮らしを楽しみ、人と人との交わりを大切にする現代のフランス人にとって、日々の生活に欠かせない習慣になっています。
「アペロしない?」が仲間を誘うときの定番フレーズ。
仕事終わりや週末のひとときに、自宅やカフェや公園などで、気の置けない人たちと軽い食事をしながら交流しています。

フランス政府は、毎年6月の第一木曜日を「アペリティフの日」と定め、世界中でイベントを開催。
日本でも「アペリティフ365」と題して、代官山をはじめとして日本全国でアペリティフの習慣の促進、普及を目指したイベントが開催されています。

本書は、日本で初めてのアペロレシピ本。
クレープ、キッシュ、ベジネーズ、パピヨット、ポップオーバー、サンドイッチ、ラングドシャ、マカロン、タルトタタン、マドレーヌなど、ひと口サイズのおつまみとドリンクのレシピ約120品を紹介しています。
各レシピには、著者ならではの料理の歴史や背景、文化などのミニ情報付き。
アペロに欠かせないお酒とチーズを解説したミニ事典も付いています。

ホームパーティを楽しむ人から、自宅サロンで料理やお菓子の教室を主宰する方まで、人をもてなし機会のある人におすすめの一冊です。

著者紹介

吉田 菊次郎(ヨシダ キクジロウ)

明治大学卒業後、渡仏し、フランス、スイスで製菓修業。その間第一回菓子世界大会銅賞をはじめ数々の国際賞を受賞。現在「ブールミッシュ」(本店銀座)を社長の他、製菓、フード業界のさまざまな要職を兼ねる。2004年、フランス共和国より「農事功労章シュバリエ」叙勲。及び厚生労働省より「現代の名工・卓越した技能者」を受賞。2005年、宮内庁より天皇皇后両陛下の秋の園遊会のお招きにあずかる。2007年、日本食生活文化賞金賞を受賞。2012年、大手前大学客員教授に就任。2014年、フランス料理アカデミー・フランス本部会員に推挙される。

村松 周(ムラマツ シュウ)

ブールミッシュ製菓アカデミー主任講師

商品名 フランス流気取らないおもてなし アペリティフ

商品名(カナ) フランスリュウキドラナイオモテナシ アペリティフ

著者 吉田菊次郎

著者 村松周

判型 [ 縦 : 257mm ] [ 横 : 190mm ]

ページ数 144

お詫びと訂正

Book

料理

関連情報