Book

趣味

はじめての空手道

危険に立ち向かう力が身につく。心技体を鍛えて強くなる

監修: 公益財団法人全日本空手道連盟

定価(税込)1,540円

発売日2016年01月06日

ISBN978-4-416-31532-3

内容

日本の代表的な武道の一つである空手道。

空手道は怖い、暴力的だ、という印象を持っている方、そんなことはありません。
空手には組み手と型があり、組み手は、技の駆け引きや仕掛け方、型ではその技の美しさや格好良さを競います。
また、「礼に始まり礼に終わる」という言葉があるように、空手の稽古をとおして礼儀が身についていきます。

本書では、空手道への入門を考えている方が知りたい情報を丁寧に取りあげました。
さらに、基本的な技、型の練習方法やトレーニングのこつ、護身術としての空手の技なども紹介しています。
今すぐはじめたい方、興味を持っている方におすすめしたい一冊です。

著者紹介

全日本空手道連盟(ゼンニホンカラテドウレンメイ)

昭和39年に結成。日本オリンピック委員会(JOC)、日本体育協会に加盟している日本の空手道の統括団体。国民体育大会への参加などにより国民体育の一環としての空手道の地位を確立、また試合制度の整備や競技ルールの改良など、空手道の発展のための環境づくりに貢献してきた。1969年より毎年12月に開催している「全日本空手道選手権大会」はその年の空手日本一を決定する大会として定着している。また国内で開催される様々な空手道の大会の後援・協力につとめる。

商品名 はじめての空手道

商品名(カナ) ハジメテノカラテドウ

監修 公益財団法人全日本空手道連盟

判型 A5

ページ数 192

お詫びと訂正

Book

趣味